連射弓 マイナス会心率の補正は必要か

モンハンライズ:サンブレイク
Pocket
LINEで送る

こんにちは、ジライヤです。前回に引き続き連射弓について記事を書いていきます。

連射弓と言っても連射弓運用ということで拡散も撃てれば貫通も撃てるということもあります。

あくまでも連射メインを使用していく武器と思ってくださいね。

連射弓は適正距離を保ちつつ、頭部や翼などの弱点に正確に撃ち続ける狩猟スタイルです。

その中で必要なスキルを考えていきましょう。

スポンサーリンク

会心率について

基本的にマイナス会心率を補正するほうがダメージ量は上がります。

どのぐらい上がるか検証をし、有用性を確かめましょう。

ヘビィボウガンと違い、弓はマイナス会心率の武器は少ないです。

今回検証する武器はこれを使用します。

轟弓【虎髯】

攻撃力:250(百竜スキル:攻撃力強化Ⅲで258)

属性:なし

会心率:ー25%

溜めLv3で連射Lv5

検証方法

カラクリ蛙を使用し、マイナス会心を補正したダメージ量とマイナス補正していないダメージ量を比べ、その差を調べる。

攻撃力:273 会心率0% ビンなし

見切りLv5で会心率を補正できます。

カラクリ蛙の頭に40HITでダメージ量は2160でした。

攻撃力:273 会心率:マイナス25% ビンなし

確率なので10回カラクリ蛙の頭に40HITのダメージ量を載せていきます。

回数10平均
ダメージ量17341690161317121723172316791657167817011691
-426-470-547-448-437-437-481-503-482-459-469

平均で469ダメージの差が確認できました。会心率0%で1回の溜め射ちで216ダメージなので約2回分となります。

会心率0%では溜め射ち10回で出るダメージが会心率マイナス25%では12回必要となります。

100回なら120回、200回なら240回とこの差は大きいですね。

結論

マイナス会心率は補正が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました