【初心者必見!】ボクシンググローブの基本的な手入れ方法

手入れ
Pocket
LINEで送る

こんにちは、ジライヤです。ブログにきてくださり、ありがとうございます。

社会人になってからボクシングジムに通っています。通い続け、2年になりました。現在も週3~5日通っています。

ボクシングジムへ通うと時期はさまざまですが自分のボクシンググローブがほしくなります。

ですがこんな疑問をもっていませんか?

せっかくボクシンググローブ買うんだから快適に長く使いたいな。そもそもボクシンググローブの手入れってどうしたらいいの?

こんな疑問を解決します。

この記事を読んでわかることはこちらです。

・ボクシンググローブの日常ケア方法がわかる
・ニオイ対策と防臭アイテムがわかる
・ボクシンググローブのオイルケアがわかる

結論:ボクシンググローブは乾燥させることが大切です。まずはカバンの中から出すことからはじめましょう。これだけでもボクシンググローブの寿命を延ばすことができます。パパっと3分でできます。またクサくならないように臭い対策をすることで、嫌なニオイを予防することができます。

大切なボクシンググローブをいつまでも快適に使用していきましょう。

スポンサーリンク

ボクシンググローブの基本的な手入れ方法

ボクシンググローブの基本的な手入れ方法について解説しています。

  1. 使用後の清掃(毎回)
    • 汗や汚れをふき取る
    • 内側を乾燥させる
  2. 週に一度のケア
    • 臭い対策として除菌スプレーの使用
  3. 月に一度のメンテナンス
    • 革用ローションやオイルの塗布
  4. 長期保存時の注意点
    • 通気性のある袋に入れる
    • 直射日光や高温を避ける(車の中はNG)
スポンサーリンク

毎回使用後の清掃と乾燥手順

表面を拭く

グローブの外側を湿ったタオルで拭いて、汗や汚れを落とします。汚れや汗を付いたままにしているとシミやニオイの原因になってしまいます。

内側の乾燥

グローブの内側を乾いたタオルで拭いて、汗や湿気を取り除きます。内側が湿ったままだと菌が繁殖してニオイを放つようになります。

自然乾燥

グローブを風通しの良い場所で自然乾燥させます。直射日光や高温はグローブの寿命を縮めてしますので避けましょう。

乾燥剤の使用も効果的

市販の乾燥剤(シリカゲルなど)や新聞紙を内側に入れて乾燥を促進させます。

乾燥機の使用には注意

ドライヤーや靴用乾燥機を使用する施設もあります。ボクシンググローブ自体は耐熱性がありますが劣化を早める可能性もゼロじゃないので注意が必要です。

スポンサーリンク

悪臭防止のための効果的なケア!

ニオイの原因は汗によって細菌が増えることで起こります。適切に対処することでニオイ対策はできます。

せっかく買ったグローブがクサくて快適に使えないのは嫌ですから。

除菌スプレーで汗や汚れをふき取る

除菌スプレーはニオイ対策に効果的です。除菌スプレーによって細菌の増殖を抑制します。

除菌スプレーの使用手順

  1. 除菌スプレーを吹きかける
    • グローブの内側へ均一になるように直接スプレーを吹きかけます。奥が難しいのでしっかりと広げてスプレーする。
  2. 拭き取る
    • 乾いたタオルで軽く拭き取ります。余分な水分が残らないようにする。
  3. 乾燥させる
    • 風通しのよい場所で自然乾燥させる。

アルコール製剤はオススメしない

アルコール製剤の除菌スプレーでの手入れはオススメしていません。アルコール製剤は除菌力が強いですが本革のコーティングも一緒にふき取ってしまいます。グローブの劣化を早めることにもつながるのでオススメしていません。除菌シートもアルコールフリーと記載があってもほとんどのものにアルコール成分は含まれます。

スポンサーリンク

次亜塩素酸水がWinningで販売されている

Winningは次亜塩素酸水の除菌スプレーを販売しています。詳しい記載がなかったのでWinningに問い合わせました。混合式微酸性次亜塩素酸水で中性領域にpH調整しているでした。次亜塩素水は弱酸性なので本革への影響は少ないので安心ですね。ですが次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性で本革へのダメージがあるので間違わないように!

次亜塩素酸水でWinningより安いものです。

インナーグローブで汗の染み込みを防ぐ

バンテージの上にインナーグローブを付けることでグローブ内側への汗の染み込みが軽減できます。

これは効果的で半年間メンテナンスしていないグローブでも臭くありません。

インナーグローブは高いので軍手で代用できます。ただ手が大きくなるのでグローブがきついと感じるかもしれません。

スポンサーリンク

長袖で汗の染み込みを防ぐ

長袖を着ることでボクシンググローブに汗が染み込むのを予防できます。半袖などでは腕の汗が腕をつたってボクシンググローブについてしまいます。

長袖を着ることで服に汗がつくのでボクシンググローブまでつたっていく量が軽減できます。

必要に応じて防臭アイテムを使用する

次亜塩素酸水も消臭効果はありますが、もっと強い対策が必要になる場合もあります。

グローブに入れておくだけで消臭できます。

グローブリフレッシャーは消臭、除菌、抗菌効果以外にも除湿効果もある商品があります。

スポンサーリンク

1か月に1回はオイルを塗る

ボクシンググローブは材質によってオイルを塗る必要があります。

牛皮革の場合乾燥しすぎると革が割れたり、はがれたりします。

クロムなめし革なので毎回しなくても品質は維持できます。でもさすがに何年もメンテナンスなしでは水分が抜けきってしまいます。

1か月に1回ぐらいの間隔でグローブにオイルを塗ることで長く使用することができます。

Winningでメンテナンスセットが販売されています。

このセットにはレザーオイルとレザーローションがあります。

レザーオイルは油分の補充が目的になります。

レザーローションは表面の汚れを取り除き、コーティングすることが目的になります。

使用頻度は一緒で大丈夫です。

合皮のボクシンググローブの場合は本革じゃないのでレザーオイルを塗る必要はありません。

ですがオイルを塗ることで艶(つや)が出るので塗るのもアリかなと思います。

スポンサーリンク

【初心者必見!】ボクシンググローブの基本的な手入れ方法 まとめ

①グローブの水分をふき取り、しっかり乾燥させる
②除菌スプレーで汚れをふき取り、細菌を増やさない
③必要に応じて消臭対策をする
④月1回はグローブにオイルを塗る

①と②は練習後または帰宅後すぐに実行しましょう。3分もかかりません。

さいごまでありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました