大剣の入れ替え技

大剣
Pocket
LINEで送る

こんにち、ジライヤです。

今回は大剣の入れ替え技についてです。記事を読むと大剣の入れ替え技について理解ができます

スポンサーリンク

大剣の入れ替え技

入れ替え技は全部で3つ設定できます。

サンブレイクでは全部で5つ設定出来るようになりました。これもクエストの進行度により変わってくるので初めから3つ使用できるわけではありません。タイミングや開放条件も含めて説明します。

大剣の入れ替え技の開放条件

まず、1つ目は里クエ★3または集会場★2到達後に集会場のウツシ教官から習得できます。

2つ目は1つ目の入れ替え技習得後、それぞれの武器を8種類生産、または強化しすると集会場のウツシ教官から呼び出しがあり、習得できます。 ここでの注意は8種類です。

同じ武器を8個生産してもウツシ教官からの呼び出しはかかりませんでした。僕の経験です。

3つ目はウツシ教官から依頼される特定のクエストをクリアします。

大剣は集会場★5「見極めよ!大剣の型」ですね。

サンブレイクになってからは3つめが連携関連になっています。普段通りの大剣『溜め斬り連携』と大剣らしからぬ『流斬り連携』です。

『流斬り連携』選択は訓練クエスト『新たな狩猟技術、疾替え』をクリアすることで可能となります。この訓練クエストはマスターランク★1進行中に必ず受注します。

またサンブレイクで追加された新たな鉄蟲糸技はマスターランク★4になってからキークエストを2つクリアした後でウツシ教官から呼び出しがあるので会話することで開放されます。

スポンサーリンク

大剣の入れ替え技の選択

入れ替え技の選択ですが

1つ目は「タックル」ですね。大剣はガードもできるんですが使いません。昔は咆哮とかガードで防ぐこととかしていたんですけど、タックルすることで咆哮は無効化できますし、ガードする意味がありません。また切れ味も落ちるのでおすすめしないというのが理由になります。次の斬り出しまで時間がかかるのと、溜め斬り後にスキができます。

2つ目は「威糸呵成の構え」です。鉄虫糸技なので翔虫ゲージがないと使用できない点が注意です。

金剛溜め斬りは出始めから攻撃直前まで攻撃に耐える効果があるので咆哮中や攻撃後のスキを狙って攻撃できます。またハンティングエッジに比べ、攻撃力も高いのでおすすめしますが威糸呵成の構えはこの2つに比べて扱いが慣れるまでが時間かかりますが強力な鉄蟲糸技です。

3つ目は狩りスタイルによって分かれます。ここではそれぞれ説明します。

「真・溜め斬り」は溜めが3段階あり、後半に行くにつれて攻撃力が上がり、大ダメージを与えることができます。ただし、繰り出すまで時間がかかるので最後の溜め斬りが当たらないこともあります。

「激昂斬」は溜め段階としては 真・溜め斬り と一緒ですが溜め中は 金剛溜め斬り 同様 攻撃に耐える効果があります。しかもその間にダメージを受けると攻撃補正がかかり、最大攻撃力が1.5倍にまで跳ね上がり、大ダメージを与えることができます。また方向転換もしやすく、入力方向へ 激昂斬 を放てます。ただし、体力管理が必要になるので敵技の見極めが必要になります。

スポンサーリンク

個人的には 「真・溜め斬り」 にしています。理由としてはクエスト失敗しないためになります。僕のスタイルは乙らないことなのでちょっとしたミスで乙ってしまうリスクを回避したい。またどうせダメージを受けないんだったら 真・溜め斬り のほうが攻撃力が高いからいいじゃない。とこんなわけであります。目に見えてダメージ量が違うわけではないです。技を当てなければ勝てないことには変わりはないのでここは自分の狩りスタイルでいいのかなと思います。大事なのは技を当てることですね。

新たに追加された技『バックスライド』。すばやく後方回避する技です。溜め継続と段階上げも可能です。強化納刀との入れ替えになります。短時間ですが火力アップが容易になるので強化納刀をおすすめします。

大剣のオススメ入れ替え技

まとめると

  1. タックル
  2. 真溜め斬り
  3. 溜め斬り連携
  4. 威糸呵成の構え
  5. 強化納刀

です。参考にしてください。

最後までありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました